IPフォンを導入すれば電話料金を削減することが可能

設計支援ソフトとは

新郎新婦

目的によって使い分けます

cadは設計支援ツールのことを指します。コンピューターの普及と共に以前は高価であったハードとソフトも年月とともに価格も下がって来ていて現在では建築や土木、機械分野等で使われるようになって来ています。以前は鉛筆や消しゴム、定規などを使って、線や文字を描くにも相当の練習期間を必要としていました。訂正の際にも消しゴムを使ってこれを丁寧に行っていましたが、ソフトではコマンド1つで簡単に削除が行え、同じ内容のものはコピー・ペーストすることで作業も簡単に行えるようになっています。データはデジタルデータとして保存でき、保存媒体によって簡単に移動させることが出来ます。cadには2次元cadと3次元cadがあり、2次元の場合は線や面を表すことができますが、3次元のものは距離とともに高さを同時に設定して描けるために建物の場合など平面図、立面図、断面図、それに透視図や切断図も必要に応じて表現することが出来ます。ある位置から目的の場所がどう見えるかも設定することが出来、それを確認しながら思い通りの計画を行ったり設計図を作成することが出来ます。又、2次元の場合には寸法を変更すると、それに関連する図面はそれぞれ訂正を必要としますが、3次元のものでは連動しているのですべてが訂正されます。レンダリングソフトと連動させることで3次元の静止画を描いたり、アニメーションを作成することができ、プレゼンテーションにおいては分かりやすい説明が行えます。