IPフォンを導入すれば電話料金を削減することが可能

モノづくりを劇的に変える

結婚

選び方はどうしたらいいか

話題になった3dプリンターも今はいろいろなメーカーから出されていて、どれを選んだらいいのか本当に迷ってしまいます。特に製造業では活躍が期待され、実際に使用される中でなくてはならない存在になるほど便利に使用でき製造コストの削減に一役かっています。製造業に限らず、建築や建設など図面を扱う業種やデザインを扱う業種でも活躍しています。図面から試作品や模型を作成する際、どうしても時間を要していましたが、3dプリンターを使うと手間が半分以下になります。メーカーごとに特色があり、メーカーでも複数商品を展開していると使用用途により選ぶ3dプリンターは異なります。大型かつ高精度を求められる製品の樹脂造形に向いている3dプリンター、耐熱性なら石膏パウダーを使用したり、耐久性重視ならUVアクリル硬化樹脂を使用したりとメーカーも用途に併せた製品を出しています。一度の造形で硬質・軟質と異なるマテリアルを扱うことができる機種ですと、一つの試作品や模型に異なるマテリアルを使う場合には一度に成形が可能となり3dプリンターの稼働時間を短縮することが可能です。最終部品を作成できる精度高い3dプリンターも続々と発表されており、金属粉を用いて部品を造成することができます。試作品や冶具を社内で欲しいときに作成できることは利便性が高くなり、作業時間のロスが少なくなり効率が良いです。3dプリンターメーカーから様々な用途に対応した機種が発売されているので業種にあった機種選びが可能です。