IPフォンを導入すれば電話料金を削減することが可能

3dプリンター

モノづくりを劇的に変える

モノづくりを根本から劇的に変えてしまうと絶賛されている3dプリンターですが、最近は大手メーカーからも高機能機種が発売されています。試作品や模型の造成はもちろん、金属粉を使用した最終製品の製造が可能となるモデルもあり便利に使えます。

3dプリンター

起業で取り入れよう

3dプリンターは様々な種類があるため、個人で使うのかや企業で使うのかということや、大きいものを作るのか小さいものを作るのかといった用途に合わせた選び方をすることで、自分たちにあったプリンターを見つけることができます。

3dプリンターとパソコン

設計支援ソフトとは

cadは設計支援ツールのことを指し、パソコンの普及とともに価格も下がり、現在では建築や土木、機械分野その他で多く利用されるようになって来ています。一定の綺麗な文字を描いたり、削除やコピー・ペーストが行えるので作業効率も高いのが特徴になっていて、2次元と3次元のものがあります。

電話料金を下げるには

スーツの男性

インターネットを利用する

電話といえば以前は電話会社から回線を引き込み、電話機を繋げるといったもので、会社などで使う場合には複数の回線を引き込み交換機を使って複数の電話に接続するといった方法が行われてきました。また会社内での通話の利便性を高めるためにビジネスフォンも使われています。しかし、電話を業務で使う上でネックとなるのがその維持費です。通常の電話では1回線ごと回線を引き込まなければいけませんから、複数の電話機を導入するには相応のコストが必要ですし、1つの電話ごとに維持費も必要になってきます。このため多くの電話を導入するのは会社にとっては大きな負担です。そのような負担を下げることができるのがIPフォンです。IPフォンは従来の電話回線に接続するのではなくインターネットで使われるデータ回線に接続して通話を行うというものです。IPフォンの仕組みは電話機をVoIPゲートウェイと呼ばれる機械に接続し、音声データをデジタルデータに変換して、それをルーターを通して発信するというものです。IPフォンのメリットは相手がIPフォンでネットワーク内であれば、通話料がかからないといったことです。このメリットは離れた地域に取引先や支店がある場合、特に海外とやり取りをする際には、有益で劇的なコスト削減に繋げることができます。もちろん従来の電話への発信および着信が可能ですから、使い勝手としては従来の電話と変わりませんし、電話機も使っているものをそのまま使うことができます。